メラニン色素とはメラニン細胞に含まれ日焼けの原因になります

メラニン色素,メラニン細胞,減らす

メラニン色素というと日焼けやシミをを増やしてしまうので美白には大敵の物質です。
しかし、メラニン色素は、実はお肌を紫外線から守る重要な働きをしているのです。

 

メラニン色素とはヒトの表皮4層の底にあるメラニン細胞(メノラサイト)に紫外線が当たって活性化されるとたくさんできてくるのです。

 

メラニン色素が皮膚表面に沈着すると皮膚は浅黒くなります。
メラニン色素とは紫外線が皮膚の奥に行くのを遮ぎり体をまもる役目もしているのです。

日焼けを防ぐ

日焼けを防ぐためには外出の際できるだけ紫外線を浴びないようにすればよいわけです。
長袖を着用し、露出している部分にはUVカットの効果のある日焼け止めを用います。
日傘や手袋、つばの広い帽子なども必需品です。

美白成分の特徴を理解する

美白をうたった化粧品も多く出ています。
厚生労働省が認可した美白成分は約20種類あります。

 

美白化粧水を選ぶときは下記の成分のどれか入っているか確認することが必要です。
・ビタミンC誘導体
・アルプチン
・コウジ酸
・マグノリグナン
・カモミラET
・ハイドロキノン
・プラセンタエキス
・トラネキム酸
・アルプチン
・エラグ酸
・ロドデノール
・ルシノール

などです。

 

どれを選ぶが迷うところですがそれぞれの成分の特徴を理解し、初めはトライアルキットで試してみるのもよい方法です。


メラニン色素を減らす為に効果があるもの

メラニン色素とは、目や肌、髪などの色を作っている成分で、私達の目や髪が黒いのもメラニン色素によるものです。
そして、メラニン色素によって紫外線や活性酸素から守られています。

 

例えば、日焼けをすると色が黒くなりますが、それは紫外線が体の奥まで入り込むのを防いでいるのです。
しかし、健康面では良い効果があるメラニン色素ですが、肌や髪にとって必ずしも良いとは言えません。

 

日焼けをするとシミやそばが出来やすくなります。
シワになる原因のひとつとも言われています。

 

光老化のことです。
光老化を防ぐには、紫外線を浴びないようにするのです。

 

日焼け止めを塗る、日傘をさす、長袖を着るなどの対策をしましょう。

メラニン色素を減らす方法

では、増えてしまったしメラニン色素をどのように減らすのかということです。
活性酸素を抑制する事です。
活性酸素を抑える効果があるのが、トマト人参やカボチャなどの緑黄色野菜に含まれているペータカロチン、トマトの中にあるリコピンなどが抑制効果があります。

 

毎日のスキンケアをきちんとする事です。
そして、紫外線に強い肌を作りましょう。

 

マッサージも行って新陳代謝を良くする事です。
ターンオーバーがうまくいかないとシミができてしまいます。

クリームでできてしまったメラニン色素を減らす

シミやそばかすの原因となるのがメラニン色素です。

 

過度な紫外線や摩擦など肌が耐えられない刺激を受けた際、深刻なダメージから肌を守るために発生するのがメラニン色素です。
つまり肌にとってはなくてはならない存在なのですが、上記のようにシミやそばかすなど肌トラブルの原因となることから、
あまり好まれない存在なのです。

クリームでターンオーバーを促進する

できてしまったメラニン色素を減らすには、ターンオーバーの正常化が絶対です。

 

肌の一番外側の角質層は肌内部をダメージから守るためのバリア機能を果たしています。
そのため28日周期で新しい細胞に入れ替わっています。

 

本来であれば肌を攻撃から守るために発生したメラニン色素はターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられて、
最終的に垢となって排出されるはずです。

 

それがシミやそばかすになったのは何らかの原因でターンオーバーが乱れて肌内部に残ったままとなったからです。
そこでメラニンの残骸を排出するにはターンオーバーの正常化が絶対なのです。

 

そのための手段としてクリームによるという外側からのケアと、サプリによる栄養補給という内側からのケアがあります。

 

外と内でダブルのケアをすることで乱れた肌のターンオーバーの周期が正常化させます。
そうすることによって肌内部で蓄積されたメラニン色素が排出される可能性が高くなります。

[メラニン色素を減らすなら!効率よくメラニン細胞に働きかける方法とは]関連情報